男性更年期障害 アロマ

男性更年期障害の症状改善方法として、 アロマを実践している人もいるらしいですし、 アロマによって嗅覚刺激を刺激して テストステロン(男性ホルモン)の分泌量が増加を促すという 効果もあるらしいですよ。 ジャスミン ローマンカモミール クラリセージ が男性ホルモンの増加に効くとのことです。 これは、 公益社団法人 日本アロマ環境協会と 長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科…

続きを読む

男性更年期障害 何科に行けばいいのか?

男性更年期障害ではないかと思たときに、 病院へ行こうかなと思うけれど何科に行けばいいのか? という疑問があると思いますが 「泌尿器科」へまず行って、 血中の男性ホルモン(テストステロン)の量を調へるといいとのことです。 現在、心配になっている症状が 男性更年期障害によるものなのかを 男性ホルモンの量を知ることで 判断の指標になるとのことです。 男性更年期障害)(LOH症…

続きを読む

男性更年期障害 ツボ

男性更年期障害をツボで改善することもできるようで どこがそのツボなのかを紹介しているウェブサイトもあります。 書籍も販売されています。 ツボは自分でも押せる個所なら、 自分でできるのでやってみるといいですよね。 ホルモン分泌に効果があるツボは 「膻中」だそうです。 「膻中」の場所は 左右の乳首を結んだラインの中央です。 性欲・精力のツボであり ホルモン…

続きを読む

男性更年期障害 睡眠

男性ホルモンであるテストステロンは 睡眠中に多く分泌されます。 したがって、十分で良質な睡眠がとれると テストステロンの分泌がよくなりますし、 睡眠が十分にとれていないと テストステロンの分泌が悪くなる、 テストステロンが減る、 ということになるそうです。 睡眠時間が十分に取れているのに 疲れが抜け切れていない、 起きたそばから疲れている・体がだるい という症状がし…

続きを読む

男性更年期障害 ストレス 減らす

男性更年期障害の原因としては、 加齢によって男性ホルモン(テストステロン)が減少するとによって いろいろな症状がでてくるのですが、 加齢以外の原因でも 男性ホルモンが急激に減少することがあり、 その原因にストレスもあると言われています。 ですから、加齢による男性ホルモン減少に加え、 家庭や職場などでのストレスもあると 男性更年期障害の症状が急速に進行してしまう ということも…

続きを読む