男性更年期障害 年齢

男性更年期障害を発症する年齢としては 早い人は40代後半からで、 最も多いのは50~60代と言われています。 また、60代、70代でも発症の可能性があるといわれています。 そして、女性よりも長い期間つらい思いをすることもあるそうです。 確かに、自分のことを振り返ってみても、 性的能力の衰えは40代の早い時期から自覚症状がありましたし、 どうしようもない疲労感、日中の眠気…

続きを読む