男性更年期障害 痩せる

男性更年期障害についてのネットでの検索ワードとして
「痩せる」というワードがあるのですが、
男性更年期障害の症状としては
「痩せる」というよりは
逆に「太る」という症状がみられるとのことです。

なぜかと言いますと、
男性ホルモンには、
肥満を抑える作用があるのですが、
男性更年期障害で男性ホルモンが低下すると、
食事や運動量など生活習慣が変わらないのに、
太りやすくなるという傾向にあるそうです。

私の場合は、
男性更年期障害が始まる前から
40代は55キロを境目に、
4キロくらい上下することがありますが、
その体重の増減は、
男性更年期障害によるものではなく、
体調によるものだったと記憶しています。

胃腸があまり強くないですので、
調子が良くないと体重が減ることは多々ありました。

ですが、昨年、タバコをやめましたら
胃が元気になったのか、
逆に、体重が増えていまして、
現在は59キロくらいあります。

このように、私の場合は、
男性更年期障害による体重の増減は
経験しておりませんが、
専門家によると、
男性更年期障害では「痩せる」のではなく
男性ホルモンの減少により
「太る」ことになるとのことです。