男性更年期障害 寝汗

男性更年期障害の症状の一つに
「寝汗」をひどくかくということがあるとのことです。

私は、幸いにも、
ひどい寝汗をかくという症状はまだありません。

睡眠中は誰でもある程度の寝汗はかくものですが、
ひどい寝汗は要注意とのことです。

男性更年期障害の症状として
ひどい寝汗が出ることもありますが、
その他の何かによるひどい寝汗という症状が出る
ということもあるとのことです。

ストレス、
アルコールの飲みすぎ、
ホルモンバランスの乱れ、
などが原因として考えられるそうです。

ホルモンバランスの乱れによる寝汗は、
男性更年期障害によるものです。

ただ、ストレスも
男性更年期障害とつながりはありますし、
ストレスがあるからアルコールを飲みすぎる
ということもありますよね。

生活リズムを整え、
ストレスを軽減し、
アルコールの飲みすぎをしないようにする。

このような対策をしたうえで、
ひどい寝汗がつづくようなら
男性更年期障害によるものと判断できるかもしれません。

ひどい寝汗は男性更年期障害によるものかもしれませんが、
その他に原因があるかもしれないということになります。

男性更年期障害による症状が、
寝汗以外にも複合的にある場合は
男性更年期障害によるものと考えられるかもです。

寝汗などの症状で
生活に支障をきたすようだったり、
健康に不安をいだくようでしたら、
病院へ行って診察をしてもらいましょう。

男性更年期障害の診察に関しては、
泌尿器科で男性ホルモンの量を調べることからはじめるみたいです。

ですので、泌尿器科へ行くといいです。