男性更年期障害 漢方薬

男性更年期障害に処方する漢方薬としては、
八味地黄丸、黄連解毒湯、半夏厚朴湯、補中益気湯、柴胡加竜骨牡蛎湯、十全大補湯、芍薬甘草湯、葛根湯、当帰芍薬散、加味逍遙散 等
と医療法人のウェブサイトに掲載されていました。

男性ホルモンの値がそれほど低くない場合や
症状が軽い場合に
漢方薬での男性更年期障害の治療をしていくそうです。

心の症状がある場合は、抗うつ薬、抗不安薬など
勃起力や性欲が低下するなどの性機能に関わる症状がある場合は、
ED治療薬での治療があるということです。

漢方薬は時間をかけて体質を変えていく傾向の治療法であると思いますので、
症状が軽くない場合は、病院へ行って診断をしてもらい
適切な治療をするのがいいと思います。

私に関して言えば、
男性更年期障害に漢方薬という考えが思い浮かばず、
病院へ行くというほどでもないと思い、
というか、長い間、男性更年期障害ということにも気づいていませんでしたので、
疲労に効くサプリメントを飲んだり、
ED薬を飲んだりして対処していました。

マカ+亜鉛+高麗人参サプリもオススメ